自分を認めるとは?

自分を認めてあげようとか自分を愛してあげようというフレーズをよくみるけれど、自分を認めるには何をしたらいいのか。そもそもの根源から自己肯定感が低い自分にサラッと言われても、そう簡単に落とし込めることではなかった。自分を認めてあげなきゃと思えば思うほど反発する。何故、素直にできないのか考えてみると自分の本当にやりたいことや望みを叶えてあげてなかったり、好きなことをさせてあげる許可を自分自身にしてないからだと思った。本当にやりたいことをやっていたら、人目も気にしないだろうし、認められたいとかそうゆう承認欲求みたいなものはなくなると思っている。うまくいえないけど、あらゆるものを越えて、自分の中にある光を発して生きていけるから。誰の目も気にせず、理想を妥協することなく、失敗して笑われることも恐れず、最初は手繰りだとしても、自分をあきらめたくない想いでただ自分の中の核に向かって走り続ける。当たっては弾かれて、時には真っ暗闇な海底に潜って、険しい山道も登るかしれないけれど、それでもひたすら真っ直ぐに突き進むだけ。自分の望みに沿って生きていれば、光と闇の世界を越えて、与えられた時間を楽しめるようになる。まだ何にも起きていない未来を心配して生きるより、今ここのゼロ地点をたわいもないことでゲラゲラ笑いながら、あっけらかんと過ごしたい。最近の気づきは私はあんまりふんわり、ぼんやりしたことが好きじゃないってことw←この下りはどうでもいい。
ただ単に人と同じことをしたくないという一匹狼気質の可愛げのなさからきてるのかもしれない

今、頭に浮かんだフレーズ『未来はえらべる!』(本田健さん×バシャール📖読み返してみよう)

飽きっぽいあなたへ

私たちは生まれてから様々な条件付けが身体中に染み込んでいる


「1度始めたことは最後までやり通しなさい」「一貫した考え方を持ちなさい」「上の兄弟が後継をしたり、子供が親の面倒をみるのは当然だ」




これらは正解な人もいればそうでない人もいる。私は小さな頃から飽き性だし、そんな自分はなんてダメなんだろうと自分を責めたこともある。自分の中でもう十分理解したと思えばすぐに違うことへ意識が飛ぶ。物理的にも20代の頃は年に一回のペースで引越ししてたし、賃貸は更新したことなかった。今の住処に至るまで10回以上引越ししてる。インテリアや車も3年以上同じにしたことがない。仕事も含め、これらは自分の意思で終わりにすることもあれば本人は継続するつもりでも強制終了がかかることもしばしばあった


「続けることができない」「飽きっぽい」と思われている人の特質は、何かをはじめることが得意。数秘だとLP1〜3の若い数字のエネルギーになる。役割としてこういう人がいないと物事はスタートできない。このタイプの人はとてもエネルギッシュで世の中に何かを創り出したり、生み出すことができる。新しい情報をキャッチするのが得意だったり、アイデアが豊富。エンターテイナーとして人々を楽しませることができたり、可能性にフォーカスできる。楽観的で重たい空気を壊して、周りに活気を与える。とても有り難い存在なのだ


冒頭の言葉は子供にもつい言ってしまいがち。その言葉に悩み、苦しむ子供たちもたくさんいる。「飽きっぽいんだから」とか、「どうして続けられないの」とか。その子が生まれもった特質を理解してあげるのはとても大切。数秘も個性を知る為のひとつのツールです


若い数字をLPに持つ前者のタイプはスタートすることは朝飯前。このようなタイプは、物事を形にするのが得意な人と組めばいいのです。特にLP8のエネルギーを持つ人は、人をまとめて形にし大きく循環させたり、戦略を立てるのも得意です。物事を完結させたり、調和することができ、他者への理解力、共感力の高さはLP9の人です。すでにあるものを洗練されたものにしたり、改良するのが得意な人は、アイデア溢れるスタートが朝飯前の人に任せればいいのです

生まれたときに受けた星の采配や易の情報など基本の性格や行動パターンの特質はある程度、生まれた時に決まっています。個々の魅力や才能として認め伸ばすことの方が大切。間違っても子どもに欠陥があるなどと思わないことです。私たち大人が受けてきた教育を子供に押し付けるなど決してしてはいけないです。親の思い込みによる言動が、知らず知らずに子どもたちを傷つけ、可能性を消すことになってしまうかもしれない。親のやり残しと後悔と不安を子供に押し付けているにすぎないのです。そして親の不要な思い込みに気づき、自らのエゴや不安を手放していくことに重点を置くことが大切です。純度の高い精神を持った子供を信頼し、ソッと見守ってあげること。それだけで子供は自分で好きなことを見つけてチャレンジしていきます。親にできることは邪魔をしないことです

▶▼◀▲▶▼◀▲▶▼◀▲▶▼◀▲▶▼◀▲▶▼◀▲

数秘の出し方は以下の通りです。

生年月日を全て足した「誕生数LP」をメインに扱います。 計算方法は、生年月日の数字をそれぞれ全部足して、最後はひとケタにしたものです。

例)1982年5月1日生まれの場合、1+9+8+2+5+1=26 ※2+6=8
LPは「8」となります

好きを追求

自由な発想で表現すること
個性をカタチにすること


何より大事なことになってきていると体感を通して感じるひとつの想い。自分が好きな世界観を追い求めてクリエイティブに表現し、形にしていく。そんな世界観を先に行って魅せてくれる、光の先駆者でありアーティスト、ファンタジーな世界をリアルに生きてるけど、確実に人を動かして具現化していく@tonttu.time の編み出した空間に身を委ねるとグルグルした色んな感情が癒されて昇華されるのを感じる。何年も前から自分の好きなことすればいいのよと教えてくれていた(私は@tonttu.timeの監督感が好きだと再確認)どこまでも自分自身に対してドMなのかもしれないと密かに自分に問うた瞬間(ᵒ̤̑ ◁ ᵒ̤̑)wow!
これも有り難い気づきだ🙏


好きなことをアートで表現したい人もいれば、言葉で表現したい人もいる。お花や庭づくり、料理やお菓子作りで表現する人もいれば、インテリアや収納、お片付けの分野で表現する人もいる。自分が好きだと明確にわかれば1番いいが、きっと分からない人もたくさんいると思う。最初は探り探りで試しながら進んでいったらいいと思うし、私もその段階にいる。やったことない世界はこわい。最初はおそるおそるかもしれないが、苦にならない分野、手を洗うようにできちゃう分野で自分の世界を表現すればいいのでは?手を洗うようにできる分野は自分では気づきにくい。人から言われてハッとすることがある。人の言葉に耳を澄ませながら、ひとつずつ丁寧に自分と向き合う作業になるかもしれない

私は何も持っていない、と言う人がいる。でも何もない人なんてこの世に存在しないのでは?それは自分で自分を罰していて、檻の中に閉じ込めているだけかもしれない。どんな自分であっても、どんな表現スタイルであっても、人の目など気にしないで誰がなんといおうと自分のタイミングで好きや唯一無二なオリジナルな世界観を追求していく


時代は太陽🌞から月🌝へ

発信者が共鳴し合ってひとつのものをクリエイトする。ユニークな人と人とが共感の輪を広げて繋がっていく時代を生かされている


考え方の角度を少し変えてみたら、想像よりも楽しい世界がもうそこにはあるのかもしれない


この瞬間のリアルな思いを✍️しておきたかった🙏


#好きを追求 #アーティスト #感性を刺激する #tonttu.time

真我で生きるには

先日開催されたブルーベリーローケーキ教室in信州主催の @naoko_pure_life さんはヘルシーの極みのような女性

リアルでお会いする前からInstagramで素敵な女性だなと思っていたが、お会いしたらその感動を裏切らないのはもちろん、予想を遥かに越えたヘルシーなオーラを纏う女性でなおこさんの生き方やこんな女性になりたいという世の女性の理想をリアルで体現している人だなと思った


だからと言って私自身がその方のようになろうとは全く思ってない。その人のように凄くはなれないと相手を上げて自分を下げているということではない。ただ自分であれと思い直すきっかけを与えていただいた事に感謝したい🙏

誰もが自分の自我(エゴ)の部分ではなく、真我(本質)と一致して生きることを望んでいるのだとしたら、自分の本質を知り素直にその本質を生きていると感じる、人と人との繋がりの大切さも理解した上でその人なりの表現で周りの人たちにシェアしている、周りがどうであろうと自分が自分であり続けている、自分自身と一致している、その人を見た時にハッとする瞬間だ

.
.

誰か信頼する人や目標とする人、憧れている人の言ったことを試してみるのも確かに必要かもしれないけれど、自分がワクワクしないことだとしたら、鵜呑みにすることではないと思っている。それは自分にとっての真実ではないかもしれないからだ。時に疑う目を持つのも必要だと私は感じている。その人のどこに共感、共鳴しているのか追求してみると真我で生きるためのヒントが隠されているのかもしれない。そもそも、共感、共鳴できるということは、自分にもその要素があるということ。心地よく感じるポイントを見つけてインストロールすればいいだけのこと。全面的に染まるのではなく、エッセンスを抽質して自分に馴染ませていくような作業だ。その人はその人の人生の中で、自分が自分の本質を生きるために気づいたことを、みんなそれぞれの表現でシェアしている。ユニークな人と人との繋がりですべての個性を尊重する時代を生きようとしている今、ただフラットに物事を見る目を、自分にとっての真実かどうかを見極める目を、持ち続けるようにしたい。それが自分の人生の回り道だとしても、トライ&エラー、トライ&トライを重ねながら生きていくことを選択していきたいと思う。(1/3プロファイルの私の宿命である)


誰かの声に真実を消されてはいけない


わたしを通じて繋がれる人が必ずいると思うと自分を大したことないなんて否定してはいけないと思うし、自分をあきらめてはいけないと思う

#自分で選んだ人生に責任を持つ#本質を生きる #個性

自分への覚書

私は何をしたらいいのか全く分からずに迷子になってた時期がある
.
.

悶々とした気持ちと、満たされない気持ちを誤魔化して、向き合おうともせず淡々と過ぎ行く日々をただ過ごしていた
.
.

朝起きて、食べて、夜寝る
ほぼ何もしてない
時々、目的もなく気晴らしに出かけてみるけど、すぐに疲れて帰ってきては溜息をついた
.
.

そんな自分を振り返って、無駄な時間を過ごしたとは思わない
その時にその感覚を味わうことが必要だったんだと、今は思えるようなった
世の中の動きを客観的にとらえつつ、ただ向き合う
それでもギリギリな自分にしがみつきながら生きていた
.
.

流れに任せてればなんとかなるでしょ、といいのかわかるいのか楽観思考
失敗しても立ち直り、切り替えだけは早い、それが唯一、誇れるもの
.
.

創っちゃ壊し、創っちゃ壊し、をこれからもやり続けるのかと自分へ問いつつ
.
.

聞かれたら、
「ただバカなんだよ」と答えていた
.
.
.

メンタルが強いわけではない。不安にならないわけじゃない
でも心配したところで何も状況は変わらないことだけは腹の底から理解していた
起きる出来事をなるべく客観的にとらえながら、心だけは整えようと必死だった。整っていたのかどうかは?だけど
.
.
.

少しでも自分の力になるもの、情熱を感じられるものに意識を注いだ。今もおなじことしている
そんな毎日でも自分の人生の中に現れるサインにも敏感に反応していた
.
.
.

そのサインに反応して導かれるように流れに乗ることができた
人との出会いが最たるもの
もっと早く流れに乗る人もいるだろうけど、私は私のタイミングでしか動けない

.
.
.

ステージが変わる時には潮が引いたような状態になる
そこで不安になったり、自分を下げたりしないこと
意図せずとも強制終了がかかったり、リセットされる時には、ピンチはチャンス的なことと捉え、バージョンアップする時だと思っている
.
.

いくらでもネガティブに思える要素が揃っていたとしても、そのネガティブな要素を通して、自分がまだ整っていないことを知りつつ、目の前のできることをひとつひとつ丁寧に点を打つように準備しながら待つ。根拠のない自信だけは捨てずにいようと思った

.
.

自信なくして凹むこともある
うまくいかない時の方が多いかもしれないし、誰だってそんな時はある
.
.

いつまでもその感情に浸らずに
自分を責めて否定したりもせずに
自分に集中してできることだけ地道にやる
.
.

自信ってすごく大事
自分を信頼すること。あきらめないこと。根拠なくても自信持つこと
ネガティブが悪いわけじゃないし、ポジティブがいいわけでもない
両方の自分があるし、グレーゾーンの自分もいる
どんな人生だったとしても自分の人生に責任を持って楽しむと決める
.
.
.

ひとつでいい。自分が解放されたり、心から楽しめるものを見つけること。お金になるとかならないとか、世間体とか、人の為になるとかならないとか、そんなことどうでもいい
自然体でいられる、ココロが踊る、高揚するその先に何かが必ずあるんだと確信する
.
.
.
本当の自分を生きる
言葉を並べるとキレイに聞こえるけど、そもそもキレイ事が好かない私の斜に構えた見解は、泥臭いところを歩きながら、自分自身を見つめていくその道程にあるんだと感じる
.
.

自分をダメと思わない。今生きていることを味わいきればいい
自信は何物にも代えられない、物理的なものを失ったとしても、自信だけは失わないようにしたい

.
.
.

#根拠なき自信で自分に集中して今を生きる🕊

願い🌟

願いが次々と叶う

.
.
肩肘張らずにリラックスして、起きる出来事や人との出会いも身を委ねてマルっと楽しむ

.
.
そんな人生を誰もが望んでいる
.
.

でもそこに辿り着くには
人の数だけ物語がある

.
.

私自身が決めてきた
わたししか味わえないストーリーを丸ごと受け入れて認める
.
.*

安心安定なココロは
そこから生まれるのかもしれません
.
.
.

落ち葉でトトロ♡

落ち葉を拾ってトトロのスマホケースを作りました。

毎日触れるスマホケースだから、大好きなトトロと共にあり😂

トトロの可愛さに負けない小ぶりな可愛いお花をたくさん並べてつやピカに仕上がりました〜(ˊᵕˋ)੭ ੈ❤︎

やっぱり目にする度にニマニマしちゃいますね🧡

自己満でいいんです😭

みなさんも毎日触れるスマホを自分でデザインして作ってみませんか♪
植物やお花が大好きな人にはたまらんです💜
季節ごとのお花をデザインするのも楽しくて癒されますよ‧✧̣̥̇‧

体験レッスンご参加の方には
綺麗に仕上げるワンポイント
伝授します🐥

特大ガーベラの押し花

作業に没頭しすぎた結果😵‍💫

更新できずにすみません

あーもっと器用に生きたい😭

その分、作品がたくさん出来ました

これから少しずつアップしていきますね😚💜

これはお隣のパン屋さんのオープン祝いの花束をお裾分けしてもらった時に私が押しといたガーベラを使って、スマホケースを作りました🌼

立派すぎるガーベラだったので

閉じ込めるのに苦戦しました。

でも出来上がった時は達成感は格別(*¯︶¯♥)

*☼*―――――*☼*―――――

押し花スマホケースの体験レッスン随時募集してますので、お気軽にお問い合わせのうえ、ご参加くださいね❁✿✾ ✾✿❁︎

お待ちしております😊

のんびり、ゆっくりと

なんにも予定のない日は
好きなことして楽しむ

そう決めて一日を
ゆっくりと、のんびりと
ボーッと過ごす

どこからくる感情なのか
私たちは無意識に
何かしなくちゃ
動かなくちゃと
責め立てる自分の意識を
立ち止まって、自然の中で
ゆっくり見つめる時間を
大切にしたいです

植物の美しさ

子供の頃、学校帰りに道端に咲いたお花見つけると嬉しくて、野花を摘んでは大切に持ち帰った記憶が蘇ります。

おばあちゃんにお花を本に挟んでおくと押し花になるんだよと教えてもらいました。

押し花と聞くとレトロなイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、その押し花を現代っぽく、インテリアにも馴染むようにオシャレに身近に楽しんでもらえるようにアレンジしていきたいと思っています。

写真は育てたお花を押し花にして📖の上に並べてみました。

こうして並べるととても繊細で儚くもあり美しいです。

ずっと残しておけるのも嬉しいですね。